スタイルシートウェブデザイン

ではスタイルシートへの記述方法を説明します。 まずデザインを適応させたい部分の指定をします。 その後にどのようなデザインにするのかを指定します。 例としてh1タグのデザインを変えてみましょう。 h1{ color:#CC0000; font-size:8px; text-align:center; } これでh1へのデザインを変更しました。 ここでは、まず「h1」を先頭に記述します。そしてその後ろに「{」を付け、最後に「}」を付けます。 その中に記述された部分がデザインの指定です。一行目は色の指定です。colorは色を変えたい時に使います。 そして「:」を記述し、その後ろに色の種類を記述します。#CC0000は色の種類で赤色です。最後に「;」を付けて次の指定に移ります。 「:」と「;」は必ず忘れないように。次の行もその次の行もパターンは1行目と同じです。 font-sizeは文字の大きさ、8pxは8ピクセルの大きさです。つまりh1の文字の大きさを8pxにしなさいという指定です。 3行目はtext-alignは文字の位置を指定しています。その後のcenterは中央ぞろえを意味します。つまりh1を真ん中に表示しろという事ですね。 このようなパターンの記述をしていきます。h1以外にもいろいろな部分にデザインを指定できます。パターンはみな同じなので慣れれば結構おぼえやすいと思います。