スタイルシートウェブデザイン

スタイルシートを使う理由とは何でしょう?わざわざ覚えるのもめんどくさいのに・・・。そう思う方もいると思います。 その理由はテーブルに依存しないウェブデザインを可能にし、しかも結果的にファイルのサイズをおさえる事ができるのです。 他にも、一括してデザインを変えられる事やHTMLでは難しいデザインを可能にできることが大きな理由になっています。 では、テーブルに依存しないデザインにする意味とは何でしょう? テーブルはウェブデザインにおいて大変便利なタグです。画像や文章をきれいに整列させて見栄えを良くすることができます。 しかし、テーブルは元々ウェブデザインの見栄えの為のものではないのです。 実はテーブルは計算などするためのものなのです。しかしウェブデザインにおいてテーブルをつかう事でビジュアル面を高める事が出来る為、長いあいだウェブ制作につかわれてきました。実際今でも多くのウェブサイトで使われています。スタイルシートはウェブのデザイン面を別で指定しようという考え方です。つまり、HTMLのデザインをスタイルシートで指定をするのです。HTML内部に記述する方法もありますが、このサイトでは、HTMLとスタイルシートを別々のファイルでつくる方法を前提にすすめていきます。なぜなら別々の方がスタイルシートの利点がより活かされるとおもうので・・。 HTMLソースはスタイルシートのファイルにデザインをまかせる事で格段に減り、軽くなるでしょう。そしてスタイルシートを書き換える事でサイト全体のデザインを一遍にかえる事ができます。ページごとにソースを書きかえる事を考えるとスタイルシートの便利さがわかるでしょう。